×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


練習日程 | メッセージ | 地図 | 楽譜の訂正 | 資料 | ブログ | 歌い方のポイント
トップページ練習報告>仙台第4回
仙台第4回練習報告

 仙台第4回練習を8月1日(日)午後2時から5時まで実施しました。会場は前回と同じ川内B200番教室。皆さん2回目なのでスムーズに集合できたようです。参加者は58名で女声42名,男声16名の構成比。男声比率が過去最低に落ち込んだようで,新規参入者開拓も含めた男声の動員が必要なようです。新たな参加者は女声4名,男声2名。
 岡崎先生はお元気に復帰され,約40日ぶりに熱のこもったご指導をされました。

 練習の概略内容は以下のとおり。

  • 発声練習(水野純子さん)…14:00〜14:30。発声練習の中に,演奏曲目の中からリズムや音の取り辛いフレーズの練習を組み入れていただき効果的な練習となりました。

  • 走る海…14:30〜15:30。いきなり初見で合わせたものの,ついて行くのがやっとの感じ。それでも次第に曲想が見えてきました。『はいたせい?』は排他性?音の訂正はこちら

  • 海の匂い…15:30〜16:30。同じ広瀬さんの曲でも、前のものとはうって変わって歌いやすく、みんな乗って歌っていたようです。詩人の違いによる表現の違いを、強調するようにとの指摘がありました。Bの9小節目「不安が」や、Eの9小節目「おもいが」での、和音が変わった効果にも注意。EとIの直前「背を向けてあるく」と「沖の瀬に向かう」は、ノンブレス、ワンフレーズで。

  • 君を乗せて…16:30〜17:00。最初に取組んだ曲のおさらいでしたが,導入部のアルトの充実振りに引き換えバスは貧弱?の極み。まだまだ歌いこみ不足を感じました。



 なお,曲作りにおける各パートの取りまとめ役として,パート・リーダー4名が岡崎先生から正式に委嘱され紹介されました。
  • ソプラノ…水野純子さん←拍手!!!
  • アルト…斉藤廣子さん←拍手!!!
  • テナー…末光眞希さん←拍手!!!
  • バス…水野達夫さん←拍手!!!


 練習の合間には,末光実行委員長より対旅行社協議の途中経過報告があり,100名ほどの大人数となるため往復の航空便は2班編成となること,宿泊については2ホテル各100名ずつ仮押さえしてあること,8月中を目途に参加者の意向調査のためのアンケートを実施すること,などについてお話がありました。

実行委員:小川 記


(水野さん提供の写真)