×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


練習日程 | メッセージ | 地図 | 楽譜の訂正 | 資料 | ブログ | 歌い方のポイント
トップページ練習報告>仙台第10回
仙台第10回練習報告

昨日11月14日の練習報告をいたします。
参加人数は女声46(ソプラノ26、アルト20)男声22(テナー12、バス10)でした。

0.発声(水野純子さん)

1.君をのせて
  小返しと通し。伴奏がなった瞬間に曲想、構えをさっとイメージするよう注意を受けました。
  雰囲気が曲ごとに大きく変わるオムニバスステージでは、重要なことですね。
  「さあでかけよう」「ひときれのパン」それぞれに山を作ること。
  四泊目の裏で言葉が始まるフレーズ
  「ナイフランプ<か>ばんに」「とおさんが<の>こした」「<い>つかきっとであう」etc
  最初の言葉をしっかりと捕まえること。
  68小節の男声リズムは60小節と同じで。通知が不徹底でした。

2.海の子守唄
  水野純子さん(MS)と斉藤廣子さんのソロで小返しと通し。曲の雰囲気を味わいました。
  17小節のcrescしっかりと。

3.斉太郎節
  編曲者の竹花さんをお迎えして、威勢良くやりました。
  「竹花さん如何でしたでしょうか」(岡崎)
  「・・・まあ、いいんじゃないでしょうか」(竹花)
  皆さん、がんばりましょう。
  最後から4小節目の終わりにフェルマータを追加します。
  (普通はフェルマータ入れているので竹花さんに聞いたら「あった方がいいね」と一言。
   編曲者がそばにいる強みですね。)

4.オクラホマ
  小返しと通し。
  O-----k (lahoma) と伸ばした後のカットアウトでは声を出し切らずに、すぱっと切ること。
  出し切ろうとすると、「オッ」という吼えた声が混じるからとのこと。

5.エゼキエル
  後半のオスティナートからエンディングのサウンドを体感しました。

6.Sunrise Sunset
  「最後は500個の太陽が輝くように!」
  今から体力つけましょう。

末光眞希